2016年7月23日

人気の自然素材!無垢材のフローリングの魅力

自然素材ってどういうもの?

家づくりに使われている材料や塗料は化学物質が含まれていることが多く、アレルギーやシックハウスなどの問題が指摘されています。家族の健康を考えて化学物質の心配のない自然素材に関心を持つ方が増えています。自然素材といえば無垢材を思い浮かべる方も多いと思います。無垢材は、肌触りも良く加工もしやすいため人気です。無垢材は床材として使用されることの多い材料です。無垢材のフローリングの魅力と注意点について紹介します。

無垢材を床に使うメリットは?

化学物質が含まれない自然素材の無垢のフローリングは赤ちゃんからお年寄りまで安心して暮らすことができます。自然の素材の持つぬくもりを感じられるのもメリットのひとつです。塗装していない無垢材は熱を伝えにくい性質を持っています。そのため、他の床材と比較すると熱を通しにくく、体の熱が奪われないためぬくもりを感じます。塗装に関しては、専用のオイルを使用した場合は熱を伝えにくい性質はあまり失われないため、無垢材の塗装には専用のオイルが使われることが多くなっています。

無垢材のフローリングの注意点

無垢材は使用する種類にもよりますが、傷がつきやすいので注意が必要です。また、乾燥などにより反りや曲がりが出てくる場合があります。自然のものなので色にばらつきがあったり節があるものもあります。長年経過していくうちに色が変わってくることもありますが、木の持つ特徴として捉えるならば問題はないでしょう。そして、無垢材は仕上げるまでに時間も手間もかかるため、費用が高くなる傾向があります。自然素材と言いながらも品質の良くないものもありますので、家を建てる時は信頼できる施工業者に相談し依頼することをおすすめします。

注文住宅は、一般的な戸建住宅よりも少しばかり販売価格が高めに設定されますが、外壁のデザインや建物の構造など、オリジナリティの溢れる物件を選びたい人におすすめです。