2016年7月25日

賃貸物件に住むメリットについて詳しく知ろう

賃貸物件に住むメリットその1

賃貸物件に住む一番のメリットは修繕費を支払う必要がない事です。持ち家の場合には傷んだ部分がある場合には全て自分で修繕しなければいけません。修繕する部品にもよりますが高い場合には10万円から20万円程度のお金がかかります。賃貸物件の場合にはそれらの修繕費が一切いりません。賃貸物件の場合には退去する際に原状回復の費用が必要になりますが、敷金礼金を支払っている場合には差し引きされるのでほとんどお金はいらない場合が多いですよ。

賃貸物件に住むメリットその2

賃貸物件に住んでいると固定資産税がかかりません。固定資産税は土地にもよりますが年間で約10万円から20万円程度のお金がかかります。賃貸物件の場合にはこれらのお金が必要ありません。政令指定都市などの人口規模の大きい土地に持ち家を建てると固定資産税とは別に都市計画税がかかります。この税金は固定資産税と同じ程度の価格がかかります。賃貸物件だとこれらのお金が全くかからないので、経済的にはかなりお得ですよ。

賃貸物件に住むメリットその3

賃貸物件だと自治会に入会する必要がない場合があります。持ち家だと自治会に入会しないとゴミ出しなどに困る場合があります。賃貸物件だと管理会社が自治会に入会していたり、独自にゴミステーションを作っている場合があるので、必ずしも自治会に入会する必要はありません。自治会に入る必要がある場合でも管理会社が入会するので会合に参加する必要はありません。そのため賃貸物件に住んでいたら自治会の人間関係に悩む必要がありません。

帯広の賃貸マンションは、値段の割に豪華なマンションを借りることができます。優雅な生活を送ることができます。