2016年12月24日

東札幌エリアは都心に近く郊外に行きやすい地区です

地下鉄東西線が便利です

東札幌のエリアは、札幌市白石区にあります。行政・商業の中心である中央区とは豊平川を挟んで隣町になります。町を横断して地下鉄東西線が通っており、大通公園まで10分で行くことができます。地下鉄は道道3号線の地下に作られたため、地上に上がると「南郷通り」であるため商店があります。冬は雪の多いところですから、地下鉄で通勤通学ができるのは大変便利です。この地下鉄の終点が新札幌駅でJRに繋がっているので、新千歳空港に行くにも便利です。

国道12号と国道36号に挟まれたエリアです

東札幌エリアの住宅は、地下鉄東西線を挟んでマンションや一戸建てが建ち並びます。北に進むと国道12号線まで歩いて約15分、南に進むと同じく10分ほどで国道36号です。どちらも地下鉄に平行に走っているため、距離が分かりやすくなっています。二つの国道は、北海道の幹線道路であるため郊外型のお店が建ち並んでおり買い物にも便利です。また、地下鉄が通る地上の南郷通りは、道路の中央に街路樹が並ぶグリーンロードのため自然環境が良く見晴らしの良いところです。

大型ショッピングセンターがあるので買い物に便利

東札幌駅を出るとショッピングセンターがあります。この店舗は地下鉄が開通したころは他に店が無く、市民の生活用品の店としてに重宝されました。ところが、近年更に大型のショッピングセンターが近くに出来ました。東札幌地区は札幌市の中心に近いところですから、大型の出店は難しいと思っていたのです。駐車場も広く、テナントもブランドの専門店が入っているため、地下鉄で大通公園まで行かなくても買い物ができるようになりました。

東札幌の賃貸は、賃料がリーズナブルな物件も多数存在するため、予算が限られている場合でもスムーズに探せます。